検索
  • YURIKA

YURIPOETRIKA 1 "Early morning in Hibiya"

English following the Japanese





"早朝の日比谷"


このスローモーション感は

舞っているときのそれとはなんだか違う


舞っているとき 踊っているとき

わたしは全身のすべての部分で自らの生を感じる

人生の奇跡を全身で享受する


今わたしが体験しているのはそれと違う

あぁそうか

わたしは今から倒れる

それには痛みが伴う

身体が冷静に身体の危機を予感している

いつになく客観的になるものだ


見ず知らずの他者への思いやり

それを雨が知ると

それまで冷たかった雨はあたたかくなる

やわらかな日差しを受けては散る

春の桜の花びらのように


今わたしの両膝には痛みとあざが残る

その倍のあたたかさがわたしのこころを包み込む


昨日3人の女性たちに助けられた

早朝の雨降る日比谷にて


昨日わたしは自転車と共に横転した





"Early morning in Hibiya"


This slow motion is different from when I feel during dancing


Whenever I dance I feel my life by whole parts of my body

I feel the miracle of life


What I am experiencing right now is different

Oh yes I see

I am falling down

and that accompanied by physical pain

My body has a feeling about physical crisis calmly

I am so objective unusually


Consideration to a stranger

When the cold rain know the consideration

it becomes warm

as cherry petals falling of the cherry trees in spring


Now my knees have pain and bruise

The double love wrap my heart


I was helped by three women yesterday

in the early morning Hibiya


I fell off a bike yesterday







この詩を、

2人のアメリカ人女性(倒れた自転車を立て直しバッグから飛び出たものを入れ直してくれた)と、

1人の日本人女性(横転後しばらく立てず雨の中三角座りしていたゆり香の横で、同じく傘のない状態で濡れながら、ゆり香が立てるまでずっと隣にいてくれた)の3人の女性に、

心からの感謝を持って捧ぐ。

I dedicate this poem to 3 women who helped me yesterday with huge appreciation.

© 2020 YURIKAOFFICIAL ALL RIGHTS RESERVED

イヤリングデザイナーゆり香オフィシャルサイト