JULICA-9TH-TOP.jpg

The word "beads" is said to have its origin in the Middle English bede (“a prayer”).

 

I remember the sisters enthusiastically praying while touching each Rosary bead at Catholic school where I spent my middle and high school days.

 

Praying must be an exceptionally beautiful act of human beings.

 

Each person has a different God to pray, but everyone has hope when they close their eyelids, fold their hands, and pray earnestly.

 

“SWEETHEART”, that is JULICA's 9th collection theme.

 

I made hundreds of prototypes until I completed the “JULICA Heart”. The shape of the heart I dreamed for is a sweet and elegant shape with a handmade scent.

 

I chose the glass beads produced by a long-established domestic bead maker, which has more than 2000 colors. It is full of delicate sensibilities and aesthetic sense for "color" that Japanese people have cherished since 4ancient times.

 

Invisible, inaccessible, however, what the Japanese and all human beings have been embraced. 

 

Warm and overwhelmingly beautiful feelings.

 

I want to hold it always.

I hope to share it with you.

Love,

YURIKA

「beads」という言葉の起源は、中世英語の bede (“a prayer” 祈る人) にあるという。

 

中高時代を過ごしたミッションスクールでも、シスター達がロザリオのビーズ一粒一粒に触れながら熱心に祈りを捧げていた姿を思い出す。

 

祈ることは、人間の動作の中でも格別に美しい姿だと思う。

 

祈る対象はそれぞれ違えど、瞼を閉じ手を組み、ひたすら一心に祈る。

 

そこに常にあるのは、希望。

 

人類だれもが持つハート・SWEETHEART を

JULICAの9つめのコレクションテーマとしました。

 

“JULICAのハート” に行き着くまで、何百回と重ねた試作。

ハンドメイドの香りを漂わせつつ、目指したのはスウィートでエレガントなシェイプです。

 

素材としてセレクトしたのは、カラー展開数は2000を超える、老舗国産ビーズメーカーのガラスビーズ。

古(いにしえ)より日本人が大切にしてきた、「色」に対する繊細な感性と美意識が溢れています。

 

 

目に見えないもの、手に取れないもの、

だがしかし、日本人が人類がずっと確実に抱いてきたもの。

あたたかな、圧倒的に美しい気持ち。

 

それを常に抱いていたい、と願います。

 

それをみなさまと一緒に分かち合うことができたら、と願います。

Love,

YURIKA

SHOP NOW.jpg